1人暮らしの予算は?敷金・礼金について


1人暮らしを始めるには、予算が必要です。1人暮らし 予算
家具や家電、生活用品など様々なものが必要です。

しかしこれらを揃えて終わりというわけにはいきません。

1人暮らしをするにあたって、
アパートを借りる場合がほとんどです。

アパートを借りる際には、
敷金礼金などが必要となってきます。

実際に住んで家賃を払う前に
必要なお金がかかってくる
わけです。

ですので、そのことも考えて予算を用意する
必要があります。



敷金ですが、そのアパートを退去する時に返ってきます。

ただしこれは、クリーニングなどに1人暮らし 予算
まったくお金がかからなかった場合です

壁などに傷付けてしまった場合には、
最初に払った敷金からお金がひかれます。

敷金礼金についてはアパートによって値段は違ってきます。
アパートを決める際に聞いておくとよいでしょう。

アパートを借りる時になって、
足りなかったということのないように、
余裕をもって予算は用意しておきましょう。


また、引っ越し自体を自分でやらない場合には
業者に頼むことになります。

大きい家具などが多い場合には、
業者に頼まなければ運べない場合もあります。

荷物を運ぶことのできる車がない場合も同様です。

こういった場合には、引っ越しにかかるお金も
予算に組み込んでおきましょう。


1人暮らしを始める際には、予算は多めに用意し、
困ることのないようにしましょう。

posted by 女性限定!一人暮らしをはじめる生活のコツ at | 引越し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1人暮らし、広さどれくらいの部屋借りる?


1人暮しの部屋はどのくらいの広さがよいのでしょうか?1人暮らし 広さ 部屋

実家に住んでいた頃は、部屋も目的別に別れていたと思います。

しかし1人暮しに使うアパートは広さはあまりありません。
もちろん予算があれば広い部屋に住むこともできます。


しかし、1人暮しですから何人も一緒に暮らすわけではないので
そんなに広さを求めなくてもよいと思います。

1人暮し一番多く利用されているのが1Kです。
これは台所が部屋とは別についているものです。

部屋は1つですので、あまり広さはありません。
ですので寝る部屋も食事をとる部屋も同じということになります。

一軒家に住んでいた人には慣れない暮らしだと思います。
しかし実際に1人暮しを始めてしまえば、慣れてしまうものです。



このような部屋ですと家賃も1人暮らし 広さ 部屋
そこまで高くないのでお手ごろです。


また、寝る部屋と食事をとる部屋を
別にしたい人もいると思います。

そういった方には、1LDKがおすすめです。

先程の部屋よりももう一つ部屋があるので、
ベッドを置く部屋と食事用テーブルを置く部屋で
わけることができます。


このくらい広いと色々な物を置くことができるので、
便利かもしれません。

1人暮しをするのであれば
このくらいの広さがあれば十分です。


欲張って広い部屋に住んだとしても、
使いきれないこともあるので注意が必要です。
posted by 女性限定!一人暮らしをはじめる生活のコツ at | 引越し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。